忍者ブログ

InstantHomepage

お初の方は右側カテゴリーより興味のある記事をご覧ください。まとめシリーズがおすすめです。

小説

電車の中の時間がもったいない気がしたので、
最近超絶久々にライトノベルとか読んでます。
具体的に読んでる作品はまだ一作だけで、
大昔に友人が読んでたような気がしたのを
100円で見つけた「バイトでウィザード」

ライトノベルとは言え、小説は小説。
挿絵だってソコまで沢山あるわけじゃないし、
どう見ても文字ばかりの本である。

食わず嫌い的なとっつきにくさ。
とっつきにくさ、と言うか、面白いんだろうけど、
”読む”のが面倒そうだなぁ。
というのが昔から私はある。

だけど学生時代に一作品だけ殆ど読んだ作品がある。
スレイヤーズだ。あれからもう5年とか経つんじゃなかろうか、
久々に読んだラノベは楽しかった。

読み込んだ文章から構築する自分的なシーン。
滑らかにシーンを進める為にある程度予測して
早読みしようとするが、その中で時として
自分が予測しえない展開が発生し、
再度読み直したりするのは小説だからこその楽しみだと思う。

この”予想外”が無い作品は楽しくないし、
多すぎても読むのが疲れると思う。たとえ
楽しい”予想外”だとしてもだ。

楽しい予想外を頻繁に発生させる作品であるならば、
ソレはギャグアニメのようなモノであるべきだと思う。
音と映像により刺激的に”予想外”を得られる楽しさがソコにはあるだろう。

なんて事をふと思った。

拍手[0回]

PR

コメント

最新トラックバック

プロフィール

名前:120
年齢:1897
性別:男性
誕生:0120/02/28
職業:情報系奴隷
趣味:色々
自己紹介:
熱し易く冷め易い、そんな人間です。

mail(@要変更)
xelloss120@hotmail.com

カウンター

2007/12/09設置

バーコード